laura-pink.com

ピンク好きなあなたと私のlaura-pink.com

ブルーな気分をピンクハッピーに

   

ブルーな時ってありますよね?体調も悪いなんてプラスしたら気分はもっとダウン。何も上手く行かないような悪循環に引っ張られそうで、誰かに会っても相手やパートナーに迷惑かけちゃうから引きこもりに。
そんな時に私がピンクハッピーになれるものをご紹介します!
みんなのブルーが少しでもピンクハッピーになりますように。

1)Kate Spade new york 「miss adventure」ムービー

これはファッションブランドKate Spade new yorkがお送りするショートムービー。Miss Adventureアナ・ケンドリックにはさまざまなハプニングがおこります。不運に不満持ちながらも、彼女の性格で楽しい方向へ向かってしまうところが大好きです。一番のオススメが「人違いでセレブにセラピーをするエピソード2」。彼女はセラピーを始めちゃうんです。それもピンクセラピー!
「ピンクは世界で一番ポジティブになれる色よ!ピンクを感じて吸い込んで!」この言葉は最高です。
元気になったらKate Spadeのバックやドレスでお出かけしたくなります。

 2) Tavi gavinsonのROOKIEを読む

彼女を知ってる?タヴィゲヴィンソンはティーン向けのファッション、ポップカルチャー、フェミニズムを扱うオンラインファッション雑誌「ROOKIE」の編集者でライター。彼女の扱う文章、写真そしてイラストは素直で大人の都合が立ち入っていない、自分の感覚を中高時代に戻してくれるような魅力があります。可愛いものや映画、音楽はもちろん、社会との葛藤、プレッシャー、セックスなど様々な問題を取り上げながら素の自分と向き合う事ができる雑誌。時間が過ぎていく中で、日々に追われそうになるけれど、彼女をみていると大切な感覚を蘇らせてくれます。毎年、一年間をまとめた本を出版していて今はYearbook4まで出ています。去年待望の日本語訳一冊目が発売されて隅々まで読める喜びにドキドキワクワクです。私は英語版を読めるようになる事が目標!英語をマスターしたいじゃなくて、英語で何を読みたいかが大切だって思えるが嬉しいです。

image

image

Laura-pink.comを書いていたら

今日は具合もあんまり良くなくてブルーになっていたけれど、この記事を書いていたらなんだか楽しくなってきました。自分に素直に生きるって、自分と向き合う事だから悩んだり、苦しかったり、思うように前に進めない時もある。でも、そんな時励ましてくれるのが周りの素敵な人や音楽、本、物たち。沢山の私が素敵に出会いたいし、このサイトを通じてみんなで楽しい人生を共有したい!!

 - ART, LIFE