laura-pink.com

ピンク好きなあなたと私のlaura-pink.com

ピンクのゴミ袋で街をアートにTRUSH project

   

博多で見つけたピンクのゴミ袋たち

博多で夜の街を歩いていたら、ピンクを発見!なんと、山積みになったピンクのゴミ袋

ピンク好きの私には、日常生活にピンクが取り入れられているほどピンクテンションが上がることがありません。どうやら博多のゴミ袋は業務用の様子。

毎日ピンクのゴミ袋にゴミを入れられたら、ゴミ出しだって楽しいし、ゴミ置場だってハッピープレイスになるのにな。

そんな思いで調べていたら、ありましたよ。ピンクでオシャレなゴミ袋をアートにしているアートプロジェクトが存在しました!

image

ニューヨークにもオシャレなピンクのゴミ袋出現!

カフェの前にピンクの袋が!

ニューヨークのオシャレなカフェの前に置かれているのはピンクのプレゼントではなく、ピンクのゴミ袋。

普段は黒のゴミ袋の山なのですが、不思議とピンクだとお洒落に見えてしまうのは私だけではないはず。これがピンクの力ですよね。なんでも可愛く見えてしまう!


image

ピンクのゴミ袋で街をアートにTRUSH project

ピンクのゴミ袋で街をピンク色に TRUSH project とは

TRUSHとはゴミという意味。

ピンクのポップなゴミ袋を使って、街のゴミをアートに。街の美化と環境意識を高めようというのがこのアートプロジェクト。

普段は真っ黒のゴミの山の通りが、ショッキングピンクのポップな彫刻アート通りになるのです。これには街行く人も、ホームレスのおじさんも誰もがついつい気になりますよね。

Trash project公式サイト(English)

 

image

プロジェクトの仕組み

プロジェクト専用のピンクのゴミ袋は、ゴミ収集日にみんなで一斉に使うように指示と一緒にその地区のビルのメンテナンスや清掃をする人、住民に配られます。

プロジェクト当日、参加者は各々ピンクのゴミ袋で普段通りにゴミ出し開始。そして自然とピンクのゴミ袋山アートが作られ、ゴミ収集車に回収されていくのです。

image

 TRUSH projectのはじまり

アーティストのAdrian Kondratowiczは、ニューヨークで毎日出る一万トンの生活ゴミについて考えた事がきっかけにこのプロジェクトを2008年をスタートさせました。

今ではニューヨークはもちろん、プロジェクトに共感する人たちによりインドなど活動の場が広がっています。コラボ企画でPVやファッションショーにも取り入れられているからワールドワイド。

image

ピンクの力 と TRUSH projectのスゴイところ

このプロジェクトが他のアートと異なるところがあります

アートを一方的に見せて終わるだけのものではなく、見たらそれに対してアクションを起こすことが出来るコト。

都市の生活者をアートに自然と引き込んで、行動を起こさせる形をインタラクティブと言います。

普段はゴミになんて気にも留めない人達も、得体の知れないピンクのゴミ袋がつい気になってしまうのです。それが、環境意識上げる何かしらのきっかけになるとしたら面白いですよね。

そして何よりその色に『ピンク』が使われている事が嬉しいし、ピンクの持つ特別なパワーを感じます。赤や青、緑ではもしかしたらそこまで沢山の人に注目されていないかもしれません。

image

ピンクパワーの可能性

今回私はこのプロジェクトを通じて、今まで以上に『ピンクパワーの可能性』を感じました。

『ピンク』がなぜこんなにも多くの人に影響を与える色なのか。ピンクについてもっともっと追求したい願望が湧いてきます。

ピンク好きもそうでない人も、みんながピンクを通じてハッピーになるようなプロジェクトを私もいつかやりたいな。

image

 - ART, EVENT, ITEMS, LIFE, SPOT, ピンク